スキーを安全に楽しむには

安全にスキーを楽しむために

>

スキー道具について知ろう

スキー板の選び方

スキー板は、「スリーサイズ」というものをみて、自分に合ったものを選ぶのが基本です。スリーサイズは具体的には、スキー板のつま先の幅「トップ」、真ん中の幅「センター」、トップと反対側の端の幅「テール」の3つのサイズのことを指します。
このスリーサイズによって、安定性やターンの操作性などに影響が表れてきます。自分の滑るスタイルに合わせて選ぶのが基本ですが、初心者の場合は特に、安定性などを意識して、初心者であることを相談しながら店員さんなどにアドバイスをもらいつつ選ぶのが安心でしょう。
レンタルなどのサービスを行っているところもあるので、まずは試してみて、自分に合ったもの、気に入ったものを選ぶのがおすすめの選び方です。

スキーにおける様々な道具

スキー板を足に固定するために必要な道具が、「ビンディング」という道具です。スキーをするときにはブーツを履いて、スキー板とブーツを固定することにより、スキー板が外れた時に滑っていってしまうのを防止します。
スキーブーツはスノーボードのブーツよりも硬くしっかりした造りになっています。自分の足にいかにしっかりフィットしているかが大事であり、よりしっかり固定したいという人にとっては、ブーツにベルトが付いたものを選ぶのが良いでしょう。
ポールは、スキーをする際にはストラップに手を通すことによって、ポールが落ちるのを防ぎます。グリップの握りやすさなどを意識して選ぶのが良いでしょう。
これらの道具は、基本的にスキー場でレンタルすることができます。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる